プルーストとは?

文字や映像より、香りです。

「プルースト効果」をご存じでしょうか。
プルースト効果とは、特定の香りを嗅ぐことで、
その香りに結びついている記憶や感情が呼び起こされる現象のことです。

フランスの文豪、マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』という作品に登場する主人公が、
紅茶にひたしたマドレーヌの香りをきっかけに幼少時を思い出す描写から名付けられました。
香りは使い方次第で、文字や映像よりも相手に効果的な印象を残すことが可能というわけです。

4コマまんが「お母さんとの思い出」

『プルースト』は、香り専門の印刷所。

香りを封じ込めた特殊なインキによって、
さまざまな香りを自在に印刷することができます。
情報が氾濫し、違いがわかりにくい時代。

名刺に、はがきに、しおりに。あなたも香りを活用することで、
「忘れられない人」になりませんか。