お知らせ

香りのプレゼントは『香り印刷』がおすすめ-男性・女性に関係なく選べるアイテム

コラム 2022.6.13
香りのプレゼントは『香り印刷』がおすすめ-男性・女性に関係なく選べるアイテム
  • 「何が喜ばれるか分からない」
  • 「定番プレゼントは何度か贈ったので珍しいものを選びたい」
  • 「相手に気を遣わせないプレゼントを選びたい」

プレゼント選びでは、さまざまな悩みがあると思いますが、どの悩みにも「相手が喜ぶプレゼントを選びたい」という気持ちが前提にあるはずです。他の人と被らず、相手の好みに合わせたプレゼントで相手を喜ばせたいとき、おすすめしたいのが「香り印刷」です。

今回は、定番の香り系プレゼント選びの内容を紹介します。プレゼントにピッタリな香り印刷の内容まで触れますので、ぜひ贈り物選びの参考にしてください。

定番の香り系プレゼントはいらない?

定番の香り系プレゼントはいらない?

定番の香りのプレゼントには、否定的な意見があります。
女性向け雑誌などでもよく特集が組まれますが、香り系プレゼントに対して、以下の意見が多いようです。

  • 「アロマや香水、ハンドクリームを貰ったが香りが苦手だった」
  • 「他の人からも同じものを貰った」

定番の香りのプレゼントとは、以下のものが該当します。

  • 香水
  • ルームフレグランス
  • アロマ
  • ハンドクリーム
  • 入浴剤

香りは、好みが分かれやすいものですから、人気の香りでも相手の好みに合わないこともあるでしょう。見た目におしゃれな装飾が施されたり、日頃の感謝を込めて贈るプレゼントに選びやすかったりするのが、定番の香りのプレゼントの特徴です。その反面、他の人と被ってしまうことや、好みではない可能性もあるのも事実です。

こうした背景から、香りのプレゼント選びは、定番のもの以外から選択するのもまた一つの相手を想う工夫となるでしょう。

香水だと、独占欲があるといわれている

香水は定番ですが、深層心理を調べると独占欲があるといわれるプレゼントです。独占欲を示す理由としては、以下の内容がよく挙げられます。

  • マーキングのように自分の匂いで相手を満たしたい
  • 自分の好きな香りを身につけてほしい
  • 匂いで自分を思い出してほしい

このような、匂いで相手を支配するといったニュアンスで捉えられると、独占欲が強いと感じられる可能性もあるでしょう。

香りのプレゼントに『香り印刷グッズ』がおすすめ

香りのプレゼントに『香り印刷グッズ』がおすすめ

嫌なイメージを避けつつ香りのプレゼントを選ぶ場合、プルーストが提供する香り印刷グッズがおすすめです。香り印刷では、香りの入ったマイクロカプセルが含まれる特殊なインキを使って印刷します。印刷部分を手で擦ることで、マイクロカプセルが弾けて香りがする仕組みです。

希望の香りも発注できるので、好みに合わせて選んでみましょう。香りは6か月保証です。

香りの効果で印象アップ

印刷物に香りを付けると、プルースト効果が期待できます。プルースト効果とは、特定の香りを嗅ぐことで、関連付けされた記憶が呼び起こされる効果のことです。例えば、香り印刷のポストカードをプレゼントすれば、貰ったときの嬉しい記憶や贈ってくれた人のことを、香りによって思い出しやすくなるといった形です。香水やルームフレグランスでは、香りを身に付ける必要がありますから、相手の生活で使用する場面が制限されるかもしれません。

しかし、香り印刷は、香りと記憶を楽しめるカジュアルなプレゼントなので、気軽に楽しんで貰えて印象もよくなるはずです。

【関連記事】プルースト効果ってどんな現象なの?活用できる方法と一緒に解説

男性・女性に合わせて選べる香り印刷の種類

プルーストの香り印刷は様々な種類のものがあり、男女で好みに合わせて選択できます。
代表的な種類は、以下の通りです。

  • 名刺・ショップカード
  • ハガキ・ポストカード
  • しおり
  • シール・POP
  • 包装紙・ブックカバー

女性へのプレゼントにおすすめなのは、お返しを気にせず、純粋に喜んでもらえる「誕生日のポストカードやハガキ」です。一方で男性におすすめのプレゼントは、プルースト効果を仕事にも活用できる「香り印刷の名刺」でしょう。

性別にこだわらず、実用性や目的、好みの香りに合わせて選ぶのもおすすめです。

香りの印刷はプルーストにお任せください。

香りのプレゼントを選ぶポイント

香りのプレゼントを選ぶポイント

香りのプレゼントを贈る際には、以下3つのポイントを押さえて選びましょう。

  1. 相手の好みに合わせる
  2. ライフスタイルに合わせる
  3. 困ったら香りの分類から選ぶ

相手の好みに合わせる

香りのプレゼントを贈るなら、相手の好みに合わせたものを選びましょう。例えば、自分ではバニラの香りが良い香りだと思っていても、人によっては強すぎて苦手だと感じる場合もあります。相手の好みを知るには、柔軟剤やルームフレグランスにどのようなものを使っているかを聞いてみると良いでしょう。

また、香りの好みを直接聞く機会がない場合には、フローラルやシトラスなどの使いやすく、無難な香りを選ぶのもおすすめです。

ライフスタイルに合わせる

香りが決まったら、相手のライフスタイルに合わせてどのような物を選ぶか決めましょう。ビジネス関係の人に、仕事で使ってもらいたい物を贈る場合は、名刺がおすすめです。お誕生日や記念日のプレゼントを選ぶ際には、カードも選択肢の一つです。

名刺やカードには、香り印刷の製品がありますので、相手の好みで生活に彩りを与えるようなおしゃれなプレゼントを考えてください。

困ったら香りの分類から選ぶ

プレゼントで相手の好みが分からないときには、以下の香りの7分類から選んでみましょう。

  1. フローラル系
  2. 柑橘系
  3. オリエンタル系
  4. スパイス系
  5. ハーブ系
  6. 樹木系
  7. 樹脂系

プルーストでも様々な香りを取り扱っており、ラベンダー、バラ、ヒノキ、ミント、石鹸など10種類以上の中から好きなものを選んでいただけます。

例えば、ヒノキの香りにはリラックス効果があります。他にも、スパイス系の香りであれば、血行促進や気分を高めるといった効果が期待できます。贈る相手に喜んでもらえる効果から、香りの分類を選んでみても喜んでもらえるはずです。詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

香りが印象に作用するしくみとその種類について

まとめ

友人や会社の人に贈るプレゼント選びに、香り印刷はとても素敵な選択です。香水やルームフレグランスなど定番品ではありませんので、貰いすぎて迷惑に思われたり、好意があると勘違いされたりといった心配は必要ありません。香り印刷のメリットは、気軽にプレゼントとして贈れることです。

誕生日のポストカードといってカジュアルな内容であれば、用途に困ることもなく純粋に喜んでもらえるでしょう。相手の好みの香りや思い出の香り印刷を選び、同僚や友人を喜ばせてみてください。

香りの印刷はプルーストにお任せください。

この記事を企画・執筆した人
香りの印刷所プルースト編集部

この記事は、香りの印刷所プルーストを運営している久保井インキ株式会社のプルースト編集部が企画・執筆した記事です。
香りの印刷所プルーストでは、香りの印刷をテーマにお役立ち情報の発信をしています。

香りの印刷所プルースト編集部が企画・執筆した他のコラム一覧

カテゴリー最新記事